スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

日本でデジタルブックを流行らせるには1

 自分の手持ちの本をスキャンして電子化するのはいつか限界が来ます。
手持ちの本を全て電子化してしまえばそれで終わりですから(^^;
 やはり電子出版に期待します。
 電子出版の鍵は端末の普及にあると思います。
現時点では読める本もろくに無いのに、5万円近くする端末を買う人はそういません。
出版側も出回っていない端末向けに電子出版をするのは躊躇するでしょう。
(既存の組織とのしがらみもありますし)

 そこで目を付けたのが新聞です。
新聞社がKindle DX(またはiPad)を買い取り、自社新聞の購読料込みで
読者に月4,000円でリースしたらどうでしょう?

・新聞本体は地域ごとに別バージョンを用意し、リース契約時に定期購読をセットしておく
・チラシは更に細分化(配達店毎?)して、無料で読めるサンプルファイルとして登録して定期購読?
・新聞社側は印刷・配達のコスト減になる
・1年縛りにすればとりあえず損にはならないし、2年目から利益になる(Amazonn(apple)との交渉次第で安く仕入れられる?)
・読者は他の本を購入して読むことも出来るし、データをpcに保管しておけば新聞解約後もpcで読むことが出来る
・手持ちの本をスキャンしたデータもKindle DX(iPad)で読める
・現在の新聞価格と大差ないので、1人暮らしで新聞を取っている読者には乗り換えやすい
 (古新聞を処理する手間もかからない)

 出版社が身動きできない現状では、Amazonn(apple)が大手新聞社と手を組む事が
日本での普及の鍵になると思うのですが、いかがでしょうか。

theme : 電子書籍
genre : 本・雑誌

line

電子ペーパー端末eSlickに青空文庫1000冊を添付して値下げ

 Foxitの発表によると3/4から青空文庫1000冊を添付し更に値下げ(29,800円)するそうです。
元々2GBのSDカード付属だったので、それに青空文庫を入れるんでしょうね。

 以下コピペ

Foxit eSlick の特徴
軽量&極薄(180g & 9.2mm)
長電池寿命(8000ページ書換/充電)
多彩な機能の高速PDF Viewer搭載
音楽用MP3ファイル再生機能
Keyring PDFに対応 ※パピレスなどからダウンロードしたコンテンツが再生可能
ePub、eReaderフォーマットに対応
企業向けに独自のDRM組み込み機能(Foxit DRM SDKを提供)
Foxit eSlick のスペック
画面 :6インチEInk Vizplex screen 解像度600×800ピクセル、4階調グレースケール
本体サイズ :188×118×9.2mm
重量 :180g (バッテリー含む)
カラー :黒、グレー(背面 黒)、白(背面 ライトグレー)
接続端子 :USB1.1
OS :組み込みLinux
内蔵メモリ :512MB
対応フォーマット :サウンドフォーマット:MP3
eBookフォーマット:PDF、TXT、JPEG、eReader
増設スロット :SDカードスロット
操作ボタン :ON/OFF、上、下、左、右、Enter、削除、メニュー、ミュージック
プラグ形状 :ユーロ 2ピン、UK 3ピン、US 2ピン
電源 :充電式リチウム電池
記憶媒体メモリ :SDカード(2GBカード付属、4GBまで使用可能)
プロセッサ :Samsung S3C2440 ARM 400MHz


 「eSlick eBookストア」ってのを作るんですかね? 既にあるのかな??

 テキスト入力も出来るリーダー?も無料提供してるようです。
Foxit Reader 3.0 for Windows







http://pdfhon.web.fc2.com/


theme : 電子書籍
genre : 本・雑誌

line

3省合同で電子書籍の流通や著作権に関するルールを作る

 総務省、経済産業省、文部科学省の3省合同で電子書籍の流通や著作権に関するルールを作るそうです。
YOMIURI ONLINE

 まあ権利者だけでは身動きできない現状を打破するには官僚の力を借りるというのも手ではあるんですが
「研究会を3月中に発足させ、今夏までに具体策をまとめる」

 研究会で案をまとめるだけで夏ですか。
規格が決まって現物が出てくるのは何年先になる事やら。
うだうだやってるとAmazonとappleに占領されるのは目に見えてる・・・

 独自規格でもいいと思うんですよ。
でもその場合、既に出回っているKindleで読めるのか?という疑問が沸いてきます。
読めないんだとすると、端末の普及台数が最大販売数になっちゃいますよね?
任天堂も巻き込んでDSでも読めるようにするか、pcでも読めるようにしないと。

 で、pcで読めるようになるとコピーガードを破られて・・・

theme : 電子書籍
genre : 本・雑誌

line

本を電子化し更に音声合成へ

 以前の記事本を裁断せずに綺麗にスキャンできるスキャナOpticBook 3600で紹介したプラステック社のブックスキャナですが、日本代理店であるエニスルのHPを見ると他にも興味深い商品がいくつかありました。

 まずはOpticBook A300
A3タイプのブックスキャナで、それだけだとスキャンサイズがA3になっただけだと思いそうですが大きな違いが。
 それはスキャナの読み取り位置。
 OpticBook 3600はスキャナの縁から6mmの位置からスキャンできましたが、OpticBook A300はなんと縁から3mmの位置からスキャンできるそうです。
結果、OpticBook 3600では本の背表紙接合部から約8mmの位置から読み取っていたのが、OpticBook A300だと約4mmの位置から読み取れるようになるとのこと。

 4mmだと裁断機を使って本をばっさり裁断したのと遜色ない出来だと言えます。
 ただし受注生産品だそうで価格は186,480円(税込み)
ちょっと個人では手が出せないなー。図書館に置いてあれば使いたい(^^;


 さて、表題の音声合成ですが、plustek BookReader BATという商品です。
 価格は87,150円(税込み)はけして高すぎるという価格ではないでしょう。
 ビデオを見たところ本体はOpticBook 3600で、OCRソフトと音声合成ソフトを添付し連携機能でスキャンから読み上げを1タッチで実現しているようです。
日本語のデモ 英語のデモ

 デモビデオをご覧になれば判りますが、なかなかの出来です。
特に英語の音声読み上げは秀逸!
下手な英会話ソフトを購入したり英会話学校に行くより、このセットを買って好きな本の原書を音読して貰った方が長続きすると思います。
多分そういう需要向けに英語専用モデルも売られています。価格も70,350円と日本語・英語両対応モデルより17,000円ほど安く設定されていてお買い得感があります。
 日本語の音声読み上げもなかなかの出来なのですが、「認識中」の音声は変えた方が良いかと・・・

 さて、世の中にはこういう商品もあるんだと気づくと次に、高価なセットを購入しなくても無料で出来ないのかと考えますよね?
 ありました。無料の日本語音声合成ソフト棒読みちゃん
フリーウェアですがカンパは歓迎するとのことなので、十分な価値があると判断された方はカンパをしてあげてください。

 Skype、Twitter、2ちゃんねる専用ブラウザの読み上げにも対応している力作のようです。
私は上記のどれも利用していないので判りませんが、テキストファイルの読み上げはなかなかの物でした。
 音声を男性・女性・ロボットなどから選択でき、スピード調整も可能です。

 更に調べてみるとこんなページが 他にも色々出てるんですね。
 早速Adobe Reader 9を試してみました。

 残念ながら私のpcはOSがWindows 7なので日本語の読み上げは不可能な模様(;;
Windows XPや2000を使用している方はアドビ社のこのページの方法で利用できるようです。

 また、視覚に障碍のある方及び視覚に障碍のある方をサポートされる方向けに、MicrosoftがWindows 7 に対応した日本語音声合成エンジンを無償(数量限定)提供しているようです。お心当たりのある方は利用されてはいかがでしょう。

 で、Adobe Reader 9の英語音声読み上げ機能は!?

 速いよお姉ちゃん・・・
 もちっと手加減しておくれよ!

 発音はいいんですけど速すぎてどこを読んでいるんだか(@@
時々入る'アクセント'を探して右往左往(しばらくして意味はわかりましたw)
 使い方はまず(表示 - 読み上げ - 読み上げを起動)
次に(表示 - 読み上げ - このページのみ読み上げる)
 マウスでクリックすれば、文節というか改行で区切られた範囲だけを読ませることもできます。
繰り返し読んで貰うには便利な機能ですね。

 なんどか聞いているとだんだん慣れてきて余裕も出てきました。
うーん、かなりいい出来です。
OCRの認識(正解)率と合わせればかなり使えそうです。
英語圏すごいなー・・・













http://pdfhon.web.fc2.com/

theme : 電子書籍
genre : 本・雑誌

line

日本語フォントを内蔵した電子ペーパー端末eSlick

 昨年11月にキンドルの対抗機になりそうな電子ペーパー端末が発売されてたんですね。全く知らなかった(^^;
PC WATCHさんで紹介されています。

 画面サイズと解像度はキンドルと同じ(6インチ、600x800)で、重さは100g以上軽く(180g)更に価格は32,800円と安い(キンドルとの比較画像
なぜこれが有名じゃないの?

 どうも直販しかしていない模様・・・
それは売れない。
自分の所でよっぽどCMでもうたないと誰も知らないよ
小売店にないから実機にさわれないしね。

 PDFもテキストも読めてusb1.1もSDカードも使えるなかなか良さそうなマシンなのに。

ハイパーギアという会社から暗号化機能を追加した機種(HGSEALED)を販売するみたいですが、これは企業向けということでバラ売りはしない?みたいだし価格も高いです。







http://pdfhon.web.fc2.com/

theme : 電子書籍
genre : 本・雑誌

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

本をPDFに

Author:本をPDFに
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2アフィリエイト
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。