スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

Free Video Dubの最新版がヤバイ!

 mpegファイルのCMカットに「Free Video Dub」というフリーソフトを使っているのですが、これの最新版が使い物にならなくなっています。

 一言で言えばバグなんですが、公開されてから数日経ってるのにコメント一つ付いていないし、公式ページだと旧バージョンも落とせないので困ってしまいます。

 具体的にどうなるかというと、切り出す場所を探すのに早送りとか巻き戻しを使いますよね。その巻き戻しが一切出来なくなっています。
ボタンを押しても前に進む一方。スライダーを動かそうとしても後には戻りません。
 同時に公開されているβバージョンも同様です。

 ダウンロードファイルの名称がいつも同じ(バージョン名が入っていない)なので上書きしてしまい困りました。
幸い公式以外の場所にリンクが残っていたので無事復旧しました(少し古いけど)

 バージョンアップして困ってる方はこちらからどうぞ。
http://jp.downpanda.com/Download-free-video-dub-20373.html

theme : フリーソフト
genre : コンピュータ

line

iPAD発売日決定

 iPadの米国内での発売日が発表されました。
無線LANモデルが4月3日、無線LAN+3Gモデルが4月後半だそうです。

無線LANモデル
 16GBモデルが499ドル
 32GBモデルが599ドル
 64GBモデルが699ドル
無線LAN+3Gモデル
 16GBが629ドル
 32GBモデルが729ドル
 64GBモデルが829ドル

合わせて電子書籍店舗iBookstoreが開設される予定

 日本での発売は4月後半とのこと。

 テキストファイルを読むだけならKindleのが優れていると思います。
重さ、電池の持ち、既に用意されている電子書籍の数 等々

「iPADで電子書籍を読むメリットはカラーであることだけ」

と言うといいすぎでしょうか?

 カラーって事は画像だということです。
 普通の写真を表示してフォトフレームのように見るのか?
 Flashは使えないそうだし・・・
 アメコミを読むのか?

 あるいは新しい市場を開拓するのか?

 日本で言うところのアドベンチャーゲームの様な本(電子童話とか電子紙芝居といった感じ)とか?
とりあえずは普通の小説とか写真集、技術書なんかも売るんでしょうけど。

theme : 電子書籍
genre : 本・雑誌

line

デジタルブックの音声出力に関するメモ

忘れないように自分用メモ

・Acrobatの読み上げ速度は変更できる
 [編集][環境設定][読み上げ][1分当たりの単語数]
 150が1番遅く650が1番速い

・無料で英語の本をダウンロードできる
 Mobipocket(フランス語の本などもある)
 Project Gutenberg(数は少ないけど日本語のページもある。音声ファイルを置いてあるものもある)

・Audio Book(ボランティアで作成された音声ファイルを公開している)
 LibriVox

・青空文庫などを音声化した作品のリンク集
 The Baker Street Bakeryさん(フリーの日本語文章読み上げソフトも紹介している)


theme : 電子書籍
genre : 本・雑誌

line

国内の某大手出版社、すでにKindleへのコンテンツ提供に合意

しているのか? という記事がやじうまWatchさんに。

 元になっているのは
「Amazon.co.jpが出版社の営業担当を招いて開催した説明会の席に、ある大手出版社が来ていなかった」

って事らしいです。
 うーん、ただの連絡ミスとか、無視したとかって可能性も・・・

 そういえば、Amazonでは無料の本のダウンロードサービスもやっているそうでして
いわゆる「著作権切れの本」なんですけど、実はそれだけではなく新刊の無料本もあるそうなんです。
どういう仕掛けかというと、1巻目を無料で読者に読んで貰い気に入ってもらった人に2巻目以降を有料で購入して貰うということらしいです。
 色々考えますねー(^^

 ちなみにAmazonの他にもGoogle ブック検索では 700 万冊以上の書籍の全文を検索できます

 Kindleを持っていれば通信費もかからずにこれらの無料の本を読むことが出来るので、不意に時間が空いたときなど絶好の暇つぶしが出来ますね(朗読してくれる本もあるし)
 日本はどうなるんでしょ・・・







http://pdfhon.web.fc2.com/

theme : 電子書籍
genre : 本・雑誌

line

日本でデジタルブックを普及させるには2

 日本でデジタルブックを普及させるには1で書いたように、ハードの普及は新聞社の定期購読と組み合わせてレンタルするのが良いと思います。

 新聞以外でも雑誌の定期購読とか、販売から5年以上経過した本を1月2,000円で読み放題にするとかやれることは色々あるでしょう。

 それ以外の新書などの販売は「景品」として広告費で賄うというのも有望だと思います。

 現在、コーラやハンバーガーなどを購入するとおまけが付いてきますよね。
コンビニなどでクジを引くと商品が貰えたりもします。
ああいう景品にデジタルブックも加えるということです。

 バーガーショップの子供セットなら絵本のデジタルブックを。
コンビニなどであれば小説・コミックなどから1冊選べるようにする(成人漫画も有りかと)
コーラやビール1箱買うと1冊とか、献血をしてくれた方へのお礼 等々。

 なにせ在庫を持つ必要がないというのが最大のメリットです。
管理もいらないし発送費用などもかからない。
大口契約と言うことで格安で契約して貰える可能性も高いでしょう。

 こういう新製品というのは相乗効果が爆発的普及には必要です。
お役人と出版社が集まって考えるのであれば、この辺についても話し合って欲しいと思います。

 上の話はpcでも読めるというのが前提条件です。

<追記>
 このおまけが実施されると、おそらくチケットショップやヤフオクで売り買いされるケースが多発すると思います。
本を読まない人、pcや携帯型端末を持ってない人には無用の長物ですからね。
1枚(1冊)100円くらいで売り買いされるなら必要とする人に飛ぶように売れるでしょう。

 通常販売のデジタルブックが300円として、大口契約で150円で卸され、オークションで100円で売買される

これが理想的かなw

theme : 電子書籍
genre : 本・雑誌

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

本をPDFに

Author:本をPDFに
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2アフィリエイト
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。