スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

日本語フォントを内蔵した電子ペーパー端末eSlick

 昨年11月にキンドルの対抗機になりそうな電子ペーパー端末が発売されてたんですね。全く知らなかった(^^;
PC WATCHさんで紹介されています。

 画面サイズと解像度はキンドルと同じ(6インチ、600x800)で、重さは100g以上軽く(180g)更に価格は32,800円と安い(キンドルとの比較画像
なぜこれが有名じゃないの?

 どうも直販しかしていない模様・・・
それは売れない。
自分の所でよっぽどCMでもうたないと誰も知らないよ
小売店にないから実機にさわれないしね。

 PDFもテキストも読めてusb1.1もSDカードも使えるなかなか良さそうなマシンなのに。

ハイパーギアという会社から暗号化機能を追加した機種(HGSEALED)を販売するみたいですが、これは企業向けということでバラ売りはしない?みたいだし価格も高いです。







http://pdfhon.web.fc2.com/

theme : 電子書籍
genre : 本・雑誌

line

デジタルブックをAVプレイヤーで

 AVプレイヤーでよさげなものを COWON O2 O2-16G-BL 
4.3インチ480x272 119.5x73.4x18mm 205g
16GBフラッシュメモリ+SDカード
動画再生、音楽再生、ボイスレコーダ、フォトフレーム、テキストビュワ、手書きメモ
動画最大8時間再生とあるのでJPG表示なら同じくらいは持つでしょう。
150%と200%のズーム機能が付いているので、画像を横に表示して上下にスライドさせて読むこともできそうです。

 PW-AC910:5インチ480×320 324g
 iPhone:3.5インチ480×320 135g
 COWON O2:4.3インチ480x272 205g

この辺がデジタルブックを読む携帯端末としてよさそうなところでしょうか。
画面の大きさではPW-AC910が1歩リードしていますが、キーボード付きのところをどう評価するかですね。
入力を考えれば当然プラス要素ですが、デジタルブックを読むことだけを考えれば邪魔とも言えます。
電池の持ちもPW-AC910がよさそうですが、その分重いと。

 画面のサイズが4インチ以下でも良いなら、AVプレイヤーは1万円未満から有るようです。










http://pdfhon.web.fc2.com/

theme : 電子書籍
genre : 本・雑誌

line

デジタルブックを読むのに最適な端末は?

 最初に頭に浮かぶのはKindleですよね。
なんといっても専用端末です。
最大の特徴は電子ペーパーを積んでいること。
省電力で目に優しい。

 省電力な訳は表示切り替えの際には電力を使うものの、表示しているだけなら電力を使用しないから。
この点は他の表示機器ではかないません。
もう一つの「目に優しい」というのは、反射型だから。

 一般の液晶は透過型で液晶パネルの向こうにあるLEDとかが発する光が液晶パネルを透過して私たちの目に届く。
簡単に言えば電球の手前に色つきセロハンを置いて見てるのと同じってことです。
これに対し反射型は紙に書いた絵や文字を読むのと同じように周囲の光が当たってその反射した光を見てるわけです。

 医学的(科学的)な根拠は明らかになっていませんが、透過型液晶だと目が疲れるという人が多いのは事実です。
ではpcでも反射型液晶を積んでいる機種なら目は疲れないのでしょうか?

 残念ながら現在、反射型液晶を積んでいるpcは売っていないようです。
過去には売っていたのですが、色がくすんで見える、暗い場所で見にくい、動画に適さない等の理由があった模様。
全滅なのか・・・と思いきや半透過型液晶というのが生き残って?いました。

 半透過型液晶とは、透過型液晶のように背後にある光源の光を透過して表示します。しかし同時に手前の光も反射するようです。
なので、バックライトをoffにすれば反射型液晶と同じになると。

ただ、この半透過型液晶を積んでいるpcはdynabook SS RX2/T9Lこの1機種だけ!?
 12インチ(1280x800)液晶でcpuはC2D更にDVDに128GBSSDまで積んで858gで7時間駆動(バッテリーパック使用で978g14時間駆動)

 こりゃ高い! 見る前から判るw

 電車の中で立って読むというのはさすがに無茶ですが、座るか横になれる環境でなら多分このpcが1番使いやすいのでは?
なんといってもpcとしても十分な性能を持っていますしサイズ的に見開きでもいけそうです。加えて状況によってバックライトのon/offができます。

あとは価格さえ許容できれば(^^;

<追記>
ちょっと期待はずれかも?

http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0803/05/news042_3.html
この記事と写真を見ると半透過型液晶に大きな期待を寄せるのは危険ぽいです。

Kindleは画面のベースが白で、そこに黒いインクを浮かべるからコントラストが高い。
ところが液晶は画面のベースが黒で、光を透過させることで白を表現している。

上記記事では室内でバックライトをoffにした画像を貼っていないので判断できませんが
とりあえずshopで実物を見た方が良いですね。


RX2T9L1.jpg

<追加画像>白黒反転
半透過型液晶でバックライトoffだとこっちのが見やすい?
RX2T9L2.jpg

<追加画像>更に緑系に。
もしかして普通の透過型液晶だとこっちのが見やすい??
RX2T9L3.jpg

SS RX持っている人の意見が聞きたい・・・





調べたら旧型がアウトレットショップで安く売ってますね。
dynabook SS RX2 SJ140E/2W
Vista(XP付き)だしHDDだしDVDも付いてないし999gで11.5時間駆動、でも液晶は同じ半透過型で価格は半値以下。
私ならこっちでいいな。
http://www.outletplaza.co.jp/goods/220761/

中間的な性能のdynabook SS RX2/T7K PARX2T7KLBだと価格も中間くらい。
http://sendai.pc-bomber.jp/products/detail.php?product_id=254570000465400






http://pdfhon.web.fc2.com/

theme : 電子書籍
genre : 本・雑誌

line

デジタルブックを電子辞書で

 デジタルブックを読む方法でピックアップした端末以外によさそうな物が有りました。

・シャープ電子辞書PW-AC910
 5インチ480×320液晶 324g microSD/microSDHCメモリーカード 27,490円
 連続表示100時間とのことなので、1日4時間読んでも2週間はいけそうですね。

 pcから画像・テキスト・MP3を取り込めて、テキストメモも使えるようです。
(iPhoneは3.5インチ液晶で画素数は同じ、135g。 軽さならiPhone、見やすさならこっちかな)








 ScanSnapでスキャンした画像を解像度を合わせて貼ってみました
(線が入っているのは、例のローラーの跡・・・)
PW-AC910-1.jpg


 ページ番号と余白を切り取って背景色を付けたもの。
見やすくなりました。
PW-AC910-2.jpg



 ニンテンドーDSi LLもどうかと思ったんだけど、今一ぽい。
 DSvisionを使えば、デジタルブックを購入して読むことが出来、画像ファイルもある程度持ち込めるみたいです。
 ただ、液晶の画素数が192×256(2枚)と絶対的に少ない上に、DSvisionの自由度が少ないというか使いにくいみたいです。
あとはマ?コ?を使って・・・

 4.2インチ192×256液晶2枚 314g SDメモリーカード 19,800円
 + ?ジ?ン












http://pdfhon.web.fc2.com/

theme : 電子書籍
genre : 本・雑誌

line

デジタルブックを読む方法

 デジタルブックを読む(見る)には、専用端末を用いる方法とpcなどの汎用機器を使う方法があります。

 専用端末として有名なのがAmazonのKindle(Kindle DX)です。
 KindleはAmzon独自形式のAZWの他にPDFファイルとZIPで結合したJPGファイルを読むことができます。
 しかし現時点では日本Amazonから購入することは出来ず、米国Amazonから購入することになります。
 (表示金額以外に税金と送料がかかるので注意)

 AmazonのDTP(Amazon Digital Text Platform)に申し込んだ方のレポートでは
Kindle用にDTPにアップロードできる画像の制限は(450x550PIC、64kb 以下)とのこと。
Kindle DXの解像度は824x1200なのでDX専用指定をすればもっと解像度を上げられるのかも?

 自分でpcからKindle DXに直接画像ファイルを転送する場合は、784x1142までいけるそうです。
これだけあればpc用のモニタで見るよりいいかもしれませんね・・・うーん

 さてpcで読む場合、JPG形式であればOS付属の画像ビュワーで読む事が出来ます。
しかしフリーソフトのViXIrfanviewを使えば、より快適に読めるのでお勧めです。
更にleeyesというフリーソフトを使うと、見開きで読むことも出来る上に本棚という機能の一覧表示まで出来快適です。

 PC以外の機器で読む場合はその機器への転送が必要になりますが、そのときに問題になるのは画面の解像度でしょう。
 本の1ページをそのまま表示してしまっては文字が小さすぎてとても読めませんし、拡大表示してしまうと上下のスクロールを頻繁に行う必要があり操作性がよくありません。
 そこで登場するのがMeTilTranというソフトです。
 なんと画像データを文字単位に分割し、指定されたサイズの画像に再構築してくれます。
 例えば元の画像データが1200x1600で40行・60文字だとしたら、600x800で20行・30文字の画像3・4枚に分割してくれるのです。
 単純に画像を縦横に切るわけではなく、文字の並びはちゃんと維持されています。
その上、文字サイズの変更やルビ・ページ番号の削除なども可能というとんでもないソフトです(@@
 携帯機器でJPG形式のデジタルブックを読むには必須のソフトではないでしょうか。


 PDF形式の場合は、Addobe社が無料配布しているACROBAT READERというソフトを使いますが
それ以外にも動作の軽いフリーソフトもあります。
 ・PDF-XChange Viewer ページ内に○や□の枠を書き込んだり文字入力も可能
 ・Irfanview プラグインを組み込むことでPDFファイルも読むことが出来ます

(MACはOSに組み込まれている機能で最初からPDFファイルを読むことが出来ます)


 ちょっといいかもなネットブックたち

2万円台で1kg以下のネットブック SOTEC C204A5



345gのネットブック PM1WX16SA



8インチ1600x768液晶 80GBHDD 626g SONY VAIO typeP VGN-P50/W



タッチパネルで1kg以下のネットブック EeePC T91MT



次回は、PK-513とSCAN SNAP1500で作ったJPGファイルを紹介します。






http://pdfhon.web.fc2.com/

theme : 電子書籍
genre : 本・雑誌

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

本をPDFに

Author:本をPDFに
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2アフィリエイト
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。