スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ちょっと奮発して楽にデジタルブックを作る方法

 前記事でカッターと通常スキャナーを使ってデジタル化する方法を書きましたが
数冊ならともかく100冊処理しようと思うとかなり大変です。
 そこで、7万円ほどかかってしまいますが裁断機とADFつきスキャナを使う方法です。

・本の分解
 裁断機PK-513Lを使えば厚さ15mmまでの本なら一発でバラバラにできます。
 それ以上の厚さがある本は、カッターなどで本を分割しておけばOK。
 (前機種PK-513との違いは、光源がLEDになったことと電池が単三になった事らしいです)
 切れ味が違います。気持ちいいくらいバサッっと切れますw
 



・スキャン
 オートフィーダーで両面読み取りが出来るSCAN SNAP1500
 1分間にA4用紙20枚(40ページ)の高速読み取りは圧巻(^^v
 (更に高速でA3まで対応する業務用も有りますが、価格もそれなりです・・・)



楽々ライブラリ パーソナル付きモデル
 単品で買うと数万円もする楽々ライブラリが4,000円プラスで購入できるのはお得なのですが
小説やコミックの整理目的で使うには?です。
 実は先週これを購入したのですがScanSnap Organizerが十分高機能なので楽々ライブラリ パーソナルの方は使っていません(^^;
 書類のファイリングで追加資料やバージョン違いの資料を管理するようなケースならお勧めです。


 コクヨの対抗機? CaminacsW
A3対応がミソですね A4なら37枚/分だし(@@
 ただベーシックモデルはろくなソフトが付いていないので、ビジネスパックしか買う意味無いかも?
 それと、4月30日まで無料貸し出しキャンペーンやってます。
事前に本の裁断を済ませておいて、1週間スキャンしまくれば相当な本をスキャンできそう(^^;

 Amzon現在在庫切れですが、入荷しだい発送で69,800円(在庫有りになってますね)




・PDF化
 SCAN SNAPに付属のソフトScanSnap Organizerでスキャンと同時にPDF化することが出来ます。
 ScanSnap OrganizerのOCR機能で透明テキストを埋め込んで検索することも。
 更に、Adobe Acrobat 9 Standard も付いてくるので、スキャン時はJPGにしておいて後からPDF化したり、OCRでテキスト化も可能。

(残念なことに、一度ScanSnap Organizer以外のソフトで修正を加えたPDFファイルは、以降ScanSnap Organizerで修正することは出来ません)

注意事項
 SCAN SNAP動作時、それなりの音がします。
 昼間なら問題ないと思いますが、アパートで深夜に動かすようなことはしないほうが良いと思いますよ(^^;


次回は、デジタルブックの閲覧方法についてです






http://pdfhon.web.fc2.com/

theme : 電子書籍
genre : 本・雑誌

line

安くデジタルブックを作ろう!

 出来るだけお金をかけずに、その分手間をかけて作る方法です。
 トータル1万円コース(手持ちのスキャナやカッターを使えば実質0円?)

・本の分解
 よく切れるカッターと定規、マットを用意し、1枚ずつ切り取ります。
 それぞれ100円ショップで購入できます。
 プラスチック製の定規だと削ってしまうので、出来れば金属製の定規がいいですよ。
 取り扱っている100円ショップを探してくださいw
 マットはまな板や段ボールで代用できるかも? 机が傷つかなければ何でもOK
 コツは頑張って1度に何枚も切ろうと思わず丁寧に切ること。
 最初に定規と本をダブルクリップで固定しておくと切りやすいです。
 ダブルクリップも100円ショップで5個セットくらいで売っています。
 ある程度枚数が切れたら定規を外した方が切りやすくなると思います。

・スキャン
 一般的なスキャナか家庭用複合機を使い、1枚ずつ読み取ります。
 最近はスキャナ単体の物より複合機の方が安いんですね・・・
 インクジェットプリンタとの複合機で実売8,000円くらいからあるもよう。
 (付属ソフトで、読み取り即PDFにすることもできます)
 裏のページが透けてしまう場合は、スキャナの天板に黒い画用紙を貼ると透けにくくなります。

 8,000円以下で販売されている PIXUS MP-270


 プラス600円で液晶モニタとカードスロットが付いた PIXUS MP490


 少し高くなりますが、タッチパネル液晶で留守番電話やFAX機能も付いた MFC-735CD


・PDF化
 スキャナから直接PDF化してもいいのですが、PDF化する前にサイズ調整や背景色の加工などを行うにはJPGで読み込んでおき、最後にPDF化しましょう。

 PDFと画像ファイルの相互変換ができるフリーソフト 画像梱包(pic2pdf)

 ワープロなどから直接PDFファイルが作れる、無料のPDF作成ソフトPrimoPDF

 OCR機能付きで透明文字の埋め込みなどもできる パーフェクトPDF



次回は、ちょっと奮発して楽にデジタルブックを作る方法です。






http://pdfhon.web.fc2.com/

theme : 電子書籍
genre : 本・雑誌

line

どうやってデジタルブックを作る?

 デジタルブックの形式は大きくわけると2種類あります。
テキスト形式と画像形式です。

 Amazonや出版社がデジタルブックを販売する場合、小説などはテキスト形式でコミックなどは画像形式で販売します。

 これはテキスト形式の方が容量が小さくて済み、文字の大きさを読みやすい大きさに変えても画面の大きさに合わせて自動的に改行してくれ、更に文字で容易に検索することも出来るためです。

 しかしこれにもデメリットはあります。
それはページのデザインが崩れてしまうことです。
例えばページをめくったらそこに犯人が! という風に、せっかく作者がページを意識した作りをしていても、行数が増えページの切れ目が変わってしまうと全て台無しになってしまいます。
あるいは、見開きのページに挿絵と台詞が並んでいたのがバラバラになってしまう事もあるでしょう。

 自分でデジタルブックを作る場合、小説もコミックも全て画像形式に成ります。
これはOCRで日本語を解析しても望み通りの結果が得られないからです。

 今時のOCRは優秀で普通の文章であれば95%程の成績を納められるようですが、小説などにはルビとページ番号が有ることが多く、その付近の解析で失敗してしまいます。
特にルビがあるとそこを横向きの文章だと誤解してしまい、メチャクチャな文章になってしまいます。
ルビに対応したOCRも有るようなのですが高額のためちょっと手が出せません。

 ということで技術的・金銭的に画像形式しか選ぶことは出来ないのですが、画像形式にはページのレイアウトや文字フォントを保持できる事や、手書きのメモなどがそのまま残っているなどのメリットもあります。
<追記>
 調べたところMeTilTranというソフトを使うとルビやページ番号(ノンブル)を削除することが出来ます。
 処理をしたあとOCRにかけたところ飛躍的に誤訳が減りました。
 しかしAcrobatのOCRがスカタンで、理解できない事をします。
 行間をいじれば対応できそうな気もしますが、それだと透明文字としては?な事になりそうで
 純粋にテキストを抜き出す目的ならいいんでしょうけど・・・
 色々試してみます。

 さて、ではどうやって本をデジタル化するか。
短いですよw

1.本を1枚ずつバラバラにします
2.スキャナでスキャンします(JPG形式で読む場合はここで完了です)
3.PDF化します(スキャンする際に自動でPDF化まで行うことも可能です)
4.必要ならOCRソフトでテキスト化し、画像の上に透明文字を付与します(検索の手助けになります)

 以上!


次回は出来るだけ安くデジタル化する方法を。






http://pdfhon.web.fc2.com/

theme : 電子書籍
genre : 本・雑誌

line

手持ちの本をデジタル化するメリットは?

 Amazonやappleあるいは日本の出版社がデジタルブックを販売するようになったとしても
都合良く自分が持っている本がデジタル化されるとはかぎりません。
仮に出版されたとしても、新たにその本を購入する必要があります。
だったら手元にある本は自分でデジタル化した方がお得!

 もちろん無理にデジタル化する必要はありません。
でもデジタル化(pcで管理)することでいろいろなメリットが有ります。

 ・紛失しない
 ・バックアップできる
 ・探す手間がかからない
 ・テキスト化すれば内容を検索できる
 ・拡大して読むことが出来る
 ・手軽に外に持ち出すことが出来る
 ・置き場所に困らない
 ・手の不自由な方も本を読みやすくなる
  例えばフットペダルを使いPage UpとPage Downをセットすれば、両手を使わなくてもページをめくることが出来るようになります。


 次回は、デジタルブックを作る方法について。






http://pdfhon.web.fc2.com/

theme : 電子書籍
genre : 本・雑誌

line

手持ちの本をデジタルブックに

 日本からキンドル(Kindle)を購入出来るようになり、appleからはiPADが発表されました。
いよいよ日本でもデジタルブックの時代が到来しそうですね。

 新しく出る本はAmazonかappleから電子書籍を買うとして、現在手持ちの大量の本をどうするか?
自分でデジタル化しちゃいましょう!

 ということで、手持ちの本のデジタル化関係のブログです。


 次回は、手持ちの本をデジタル化するメリットについて。




theme : 電子書籍
genre : 本・雑誌

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

本をPDFに

Author:本をPDFに
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2アフィリエイト
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。