スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

職人さん

 先に書いた 見習い職人の館を見て思ったのですが、小説やコミックを手軽に読めればいいと考えている人たちと、コミックの電子化を作品として仕上げる職人さんとでは目指している所が違います。

 可能性は限りなく低いと思うのですが、職人を目指している人が運悪く最初にこのブログを見てしまって無駄な買い物をすると可哀想なので以下にその違いを。

<裁断>
・お手軽派は裁断機を使った方が効率的です
・職人はアイロンを使って熱で糊を溶かし手でむしります(その後、本に重しを乗せて1日放置)
 裁断機を使うと見開きページの絵をカットする可能性が高いです。

<スキャン>
・お手軽派はADF付きスキャナで20枚(40ページ)/分くらいのスピードでスキャンするのがいいでしょう
・職人はフラットベッド型スキャナで片面を数分かけてスキャンします
 ADF付きスキャナはローラーの筋が付いてしまう
 ADF付きスキャナはカラー原稿の色再現性が低い
 ADF付きスキャナは読み取り部にゴミが着くとスキャンされない(色がおかしい)部分が出来る

<補正>
・お手軽派はスキャンしたデータをそのまま使うか、かなりの部分を自動で処理してくれるソフトを使う事をお勧めします
・職人は自動で処理しきれないゴミを手動で取り除きます。欠損している部分は修復します


 私は基本お手軽派で、多少の補正を行うという中途半端路線でいこうと思います(^^;
なので「スキャンした直後のデータ」これは必ず取っておきたいと思います。
なぜなら「自動化」が今後進歩する可能性があるからです。
本1冊のデータが50MBとしてDVD1枚に100冊分は入るわけですし、HDDなら1000冊分残しておいても余裕です。

 あとスキャンは全てカラーで行おうと思います。
・カラーからグレースケールにすることは出来ますが、逆は不可能
・補正のためにPhotoshopを通すのであれば、グレースケール化はついでに行える作業で時間もかからない
・データの大きさは1割も変わらない

 最後にカラーページはフラットベッド型でスキャンかな。
ScanSnapでカラーの表紙をスキャンすると色の違いにびびります・・・
多分ある特性で常に同じ様に色が変化すると思うので、Photoshopでの補正値が判ればいいのですが。
 それにカラーページに付いた筋の補正とかしたくないし・・・

<追記>
・色の違いは必ずしもScanSnapの方がおかしいとは言えない様です。
 ScanSnapの方が元絵に近い場合もあります。逆に困ってしまう・・・

・読み取りフォーマットは当然JPGです。PDFでは加工できません。
 どこかでPDFの方が画質が良いという書き込みを見たのですが、公式のFAQにPDFの中身はJPGだと書かれています。
 なので、どうせ補正を行うのであれば最初からJPGを指定した方が楽です。
 ちなみにPDFから中身を抜き出すのであれば、Acrobat等を使うより「画像梱包(pic2pdf)」を使うことをお勧めします。
 注意
 ScanSnap OrganizerでPDFファイルを修正(向きとか傾き、切り出しなど)を行うと、実際の画像データに手を加えるのではなく、PDFの管理情報を修正します。
 従って画像梱包(pic2pdf)でJPGファイルを切り出すと、全ての修正が解除された状態になります。
 

 ScanSnap S1500公式FAQ
http://scansnap.fujitsu.com/jp/faq/s1500/image.html

 お手軽+少し補正派の方の参考になるでしょうか?







http://pdfhon.web.fc2.com/
スポンサーサイト

theme : 電子書籍
genre : 本・雑誌

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

本をPDFに

Author:本をPDFに
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2アフィリエイト
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。